-

自賠責保険という保険は正しくは自動車損害賠償責任保険という保険で略して自賠責保険と呼ぶ保険です。この自動車損害賠償責任保険は別名、強制保険と呼ばれ、クルマを定期車検に通す場合は、決められた車検の期間に自賠責保険に入っていなければなりません。簡単に言えば全てのクルマが加入する必要がある保険ということです。では自動車に自賠責保険が付いた状態で手放した際にはどうか考えてみたいと思います。自賠責保険は車検の際に更新することがあったりしますが、もし自賠責保険に加入した自動車を売ったケースでは、払った金額が返還されることはあまりないのが普通です。というのも、自賠責保険を外して次の所有者に移行するということはなかなか手間がかかるのです。そのため自賠責保険は、名義変更後にクルマと一緒に移すというのが通常です。それと同じだけの価格を買取額に乗っけてくれるのです。強制保険は自動車税と違って既に支払った額を月々で割り算した額が返金される方法ではなく見積額に足すといったような手法を使うケースが普通ですが、この上乗せが買取査定表に明記される場合は稀です。ですので買取の際は自動車損害賠償責任保険を考慮した金額が査定額に入っているかを確認するようにしましょう。あなたが納付した金額がどの程度の額かを知っておけば、見逃すことはないといえます。それぞれの自賠責保険にかかる金額に関しては、契約期間により違ってくるものなので注意しましょう。クルマの売却時には自賠責保険の名義書き換えをすることを忘れずに。もしこれをしていなければ、保険の提供元からあなたに保険の満了お知らせが来てしまいます。愛車がほんの少しでも高額で売却できることを応援していますね。